愛知県でも咲きました!

 御坊市塩屋町北塩屋の中山の蓮池からことし3月、愛知県愛西(あいさい)市に分根した舞妃蓮が9日、一番咲きした。
 分根に協力した舞妃蓮保存会の阪本尚生顧問と会長の平井俊哉市議が、9日に愛西市で開催された蓮見の会に出席。あいにくの雨で予定されていた太鼓や野点などのイベントは中止となったが、舞妃蓮はこの日に合わせるかのように一輪がきれいな花を咲かせた。雨にもかかわらず訪れた観光客らにも好評だった。平井会長は「咲いた姿を見ることができてよかった。これからどんな形で交流できるか考えていきたい」と話していた。
 愛西市は市民の憩いの場としてさまざまな蓮を栽培。これまで舞妃蓮はなく、昨年6月、天皇皇后両陛下が愛知県を訪れた際、同市選出の県議会議長が美智子さまのお言葉から皇室ゆかりの舞妃蓮という蓮があることを知り、発祥の地である御坊市に分根をお願いしていた。

関連記事

フォトニュース

  1. これからも頑張ります!

日高地方などのイベント情報

  1. アミザージサッカー教室

    3月 30 @ 9:00 AM
  2. 印南駅ナカコンサート

    3月 31 @ 11:00 AM

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る