南部シニア 東アジア大会へ

 中学生の硬式野球大会「東アジアリトルシニア大会兼西日本選手権和歌山ブロック予選」が3日、有田川町の吉見グラウンドで開かれた。3チームがリーグ戦を行った結果、南部シニアが2戦全勝で優勝。8月7~11日まで宮崎県で開かれる第7回東アジア大会の出場権を獲得した。
 南部、有田、粉河の3チームが参加し、リーグ戦で順位を決めた。
 有田戦では、7回を終わっても2―2の同点で、1死満塁から始まるサドンデスに突入。マウンドの三尾が2者連続で内野フライに仕止めて相手の攻撃をゼロに抑えると、その裏の攻撃で9番岡の二ゴロの間に三塁走者の谷口が生還して3―2でサヨナラ勝ちした。
 粉河戦では2―3と1点のビハインドで迎えた5回、先頭の8番杉山が四球を選び、続く岡本の送りバントを相手が失策。無死一、二塁の好機に1番の當中が右中間を破る適時二塁打で1点を返して同点。さらに相手の失策で2点を加点し、この回3点を入れて5―3と逆転。そのまま逃げ切った。
 
 東アジアリトルシニア大会には日本国内から57チーム、台湾から4チーム、韓国から2チーム、スリランカから1チームの計64チームが出場。予選は16ブロックに分かれて4チームによるリーグ戦(1チーム2試合)を行い、各ブロックの1位が決勝トーナメントに進出する。
 井戸大志監督は「3年生にとってはこれが最後の大きな大会。チーム発足から2年でここまでやれるようになったのは、地域の人たちや保護者ら周りの皆さんのおかげ。優勝することができて、少しでも恩返しできた。東アジア大会は3年生のはなむけの大会になるようにしたい」と語った。

関連記事

フォトニュース

  1. かごいっぱいになあれ!

日高地方などのイベント情報

  1. かわべ天文公園青空フリーマーケット

    5月 26 @ 10:00 AM - 3:00 PM
  2. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る