南部シニア 東アジア大会へ

 中学生の硬式野球大会「東アジアリトルシニア大会兼西日本選手権和歌山ブロック予選」が3日、有田川町の吉見グラウンドで開かれた。3チームがリーグ戦を行った結果、南部シニアが2戦全勝で優勝。8月7~11日まで宮崎県で開かれる第7回東アジア大会の出場権を獲得した。
 南部、有田、粉河の3チームが参加し、リーグ戦で順位を決めた。
 有田戦では、7回を終わっても2―2の同点で、1死満塁から始まるサドンデスに突入。マウンドの三尾が2者連続で内野フライに仕止めて相手の攻撃をゼロに抑えると、その裏の攻撃で9番岡の二ゴロの間に三塁走者の谷口が生還して3―2でサヨナラ勝ちした。
 粉河戦では2―3と1点のビハインドで迎えた5回、先頭の8番杉山が四球を選び、続く岡本の送りバントを相手が失策。無死一、二塁の好機に1番の當中が右中間を破る適時二塁打で1点を返して同点。さらに相手の失策で2点を加点し、この回3点を入れて5―3と逆転。そのまま逃げ切った。
 
 東アジアリトルシニア大会には日本国内から57チーム、台湾から4チーム、韓国から2チーム、スリランカから1チームの計64チームが出場。予選は16ブロックに分かれて4チームによるリーグ戦(1チーム2試合)を行い、各ブロックの1位が決勝トーナメントに進出する。
 井戸大志監督は「3年生にとってはこれが最後の大きな大会。チーム発足から2年でここまでやれるようになったのは、地域の人たちや保護者ら周りの皆さんのおかげ。優勝することができて、少しでも恩返しできた。東アジア大会は3年生のはなむけの大会になるようにしたい」と語った。

関連記事

フォトニュース

  1. お巡りさんになりませんか

写真集

日高地方などのイベント情報

  1. フェスタ・ルーチェサテライト

    7月 28 @ 7:30 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る