家族が健康で過ごせますように

 御坊市の小竹八幡神社(小竹伸和宮司)で30日、災厄を清める「大祓」神事が行われ、氏子ら多くの住民が日高地方では珍しい「茅の輪(ちのわ)くぐり」で残り半年間の無事を祈願した。
 小竹宮司が「大祓詞(おおはらへのことば)」を唱えた後、参詣者は半年間の災厄を人形(ひとがた)に移してはらい清めた。続いてススキやチガヤをつなぎ合わせて作った直径2・5㍍の茅の輪くぐり。小竹宮司に続いて輪を8の字に3回くぐった。初めて参加した御坊市の洲崎久和さん(61)は「これから半年間、健康で過ごせればうれしいですね」と話していた。
 大祓神事は6月30日と12月31日の年2回で、とくに6月は「夏越の祓」といわれ、同神社では昨年から氏子有志らの協力で茅の輪くぐりを行っている。

関連記事

フォトニュース

  1. かごいっぱいになあれ!

日高地方などのイベント情報

  1. かわべ天文公園青空フリーマーケット

    5月 26 @ 10:00 AM - 3:00 PM
  2. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る