家族が健康で過ごせますように

 御坊市の小竹八幡神社(小竹伸和宮司)で30日、災厄を清める「大祓」神事が行われ、氏子ら多くの住民が日高地方では珍しい「茅の輪(ちのわ)くぐり」で残り半年間の無事を祈願した。
 小竹宮司が「大祓詞(おおはらへのことば)」を唱えた後、参詣者は半年間の災厄を人形(ひとがた)に移してはらい清めた。続いてススキやチガヤをつなぎ合わせて作った直径2・5㍍の茅の輪くぐり。小竹宮司に続いて輪を8の字に3回くぐった。初めて参加した御坊市の洲崎久和さん(61)は「これから半年間、健康で過ごせればうれしいですね」と話していた。
 大祓神事は6月30日と12月31日の年2回で、とくに6月は「夏越の祓」といわれ、同神社では昨年から氏子有志らの協力で茅の輪くぐりを行っている。

関連記事

フォトニュース

  1. 桜はまだ少し早いけど

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る