30日 御坊の小竹八幡神社で茅の輪くぐり

 御坊市薗の小竹八幡神社(小竹伸和宮司)で30日午後3時から、災厄をはらい清める「茅の輪(ちのわ)くぐり」が行われる。氏子有志が茅の輪を完成させており、多くの参詣を呼びかけている。
 半年間の生活の中で知らず知らずのうちに犯した過ち、病気やけがなどをはらい清め、新たな気持ちで半年間を過ごそうと6月30日と12月31日の年2回、多くの神社で「大祓」神事が行われている。小竹八幡では毎年12月31日に神事のみを行ってきたが、宮中などで行われている茅の輪くぐりを体験してもらおうと、昨年6月に初めて実施し、好評だった。
 ことしも塩﨑弘直さん(53)ら氏子有志がススキやチガヤを刈り取り、直径2・5㍍ほどの輪につなぎ合わせた。茅の輪は8の字に3回くぐってもらう。初穂料として500円必要。日高地方では珍しい行事で、「気軽に参加してください」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. 道成寺のしだれ桜も見頃に

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る