みなべ町でJAが梅の加工法をPR

 みなべ町とJA紀州は北海道で特産の梅をPRした。卸売市場や小学校など3カ所を訪ね、約100人に梅ジュースや梅干しなど加工方法を実演しながら説明。「梅干しはどれぐらいの期間干すと良いのか」などという質問が相次ぎ、関心の高さをうかがわせた。町うめ課では「梅の加工方法を知ってもらい、消費の拡大につなげていきたい」と話している。
 町やJAでは以前から梅の加工方法を広く知ってもらおうと、全国各地で講習会を開催。今回は梅干しの消費量が多いといわれる北海道を訪ねた。
 丸果旭川青果㈱、札幌市卸売市場、札幌市立石山南小学校の3カ所でPR。講師はJA梅愛隊の林弘子さん(東本庄)で、卸売市場では梅シロップ、梅酒、梅ジャム、梅干しの加工方法を実演を交えて説明。梅ご飯や梅の調理レシピも説明した。参加者からは「梅ジュースをつくる時に冷凍梅の方が果汁が早く出ると初めて知った。家でも一度試してみたい」などの感想が聞かれたほか、「塩漬けした梅を取り出して天日に干す期間はどれぐらいがいいのか」など熱心に質問する人も。林さんは「おかずをつくる際に梅干しを調味料としても使っていただければ、クエン酸も豊富に取ることができます」とアドバイスした。石山南小学校では2年生42人が参加。梅の機能性について「疲れをとる効果があります」などと分かりやすく説明。3月に発刊した食育本「梅パワーのひみつ」も紹介した。梅ジュースづくりを体験してもらい、楽しみながら作業を行った。子どもたちは「『梅パワーのひみつ』の本を読んでみたい。梅ジュースができるのが待ち遠しい」と喜んでいた。林さんは「若い世代の梅干し離れが指摘されているが、子ども連れの若いお母さんたちが大勢参加してくれました。梅ジャムは作り方も簡単で、興味を持ってくれたようです」と話していた。

関連記事

フォトニュース

  1. お外でヨーガ 気持ちいい~

日高地方などのイベント情報

  1. ホタル観賞の夕べ

    5月 25 @ 7:00 PM - 9:00 PM
  2. かわべ天文公園青空フリーマーケット

    5月 26 @ 10:00 AM - 3:00 PM
  3. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る