プチプチの食感が最高!

 田辺市文里の丸長食品加工㈱(柴田善夫社長)は沖縄県では一般的な食材として家庭料理に使われている海ぶどうの養殖に成功し、近く、同市内のAコープなどで販売を開始する。海藻の一種で、ぶどうのような房の実はかめばプチプチッとはじけ、「海のキャビア」として「グリーンキャビア」とも呼ばれる。沖縄以外での販売は三重県に次いで2例目となる。
海ぶどうはイワズタ科イワズタ属に属する海藻で、正式名は「クビレズタ(括れ蔦)」。沖縄や南西諸島の亜熱帯地方沿岸の比較的浅い砂底地に生えていて、形が果物のぶどうに似ていることから、「海ぶどう」と名づけられた。低カロリーながら食物繊維やビタミン、カルシウム、鉄分が豊富で、特に女性に人気があり、産地沖縄県民の長寿を支える食材として親しまれているという。
 丸長食品加工はおととしから海ぶどうの養殖を始め、試行錯誤の結果、待望の初出荷のめどが立った。これまでは一部料理店などに直接卸売りしていたため、一般消費者はなかなか手に入らなかったが、今後はスーパーで販売するため、紀南の家庭の食卓にも登場しそうだ。
 海ぶどうは生で食べるのが基本で、商品化に向けて衛生面には細心の注意を払い、炭酸ガスと紫外線を照射した塩水で洗浄する二段階殺菌。柴田社長は「養殖を始めた当初はそんなに難しくはないと思っていたが、温度管理が非常に難しく、2年の歳月を費やしようやく出荷できるようになりました。和歌山県では一般にあまり食べる機会はありませんが、ぜひご家庭で、この独特の食感の海ぶどうをお楽しみください」と話している。
 温度管理の問題から、田辺では今月下旬から九月末までの限定販売となる。詳しい問い合わせは丸長食品加工℡0739―23―5570。

関連記事

フォトニュース

  1. あ~ん、もう、モロコ~!

日高地方などのイベント情報

  1. 中紀吹奏楽フェスティバル

    7月 7 @ 12:30 PM

Twitter

書籍レビュー

  1. 7月には「君の名は。」の新海誠監督と組んで新作アニメ映画「天気の子」を公開する映画プロデューサー、川…
  2. 著者は高校時代から執筆を開始し、大学在学中に江戸川乱歩賞に応募したこともあったそうです。2009年、…
  3. 昭和は田宮二郎、平成は唐沢寿明、そして岡田准一主演の令和版が先ごろ放映された、医療ドラマ「白い巨塔」…
  4. 「万能鑑定士Q」等の人気シリーズの著者、松岡圭祐の近著をご紹介します。 内容 吉田琴美は早くに…
  5. 1869年5月、戊辰戦争最後の戦場となった箱館五稜郭の防衛線で、新選組副長土方歳三が戦死して今年で1…
ページ上部へ戻る