南高梅 出荷終盤に今シーズン最高値

 梅の出荷が終盤を迎えているが、主力品種の南高梅の価格が好調だ。昨年同時期と比べると1箱(10㌔入り)当たり1000円以上の高値。出始め時期の5月末よりも高く、現在が今シーズンの最高値となっている。出荷量が少ないことや縁起がいいといわれる申年の梅となることなどが影響しているとみられる。
 JA紀州の出荷受け付けは昨年より2日早い先月25日から始まった。出始めの価格は、4L秀1箱で5300円程度からスタート。出荷量が増えるに従って若干の価格低下はみられたが、その後は徐々に持ち直し、19日現在では4L秀が5420円など出始め時期を上回っている。
 例年だと出始めが最高値で以後は下降傾向となるが、ことしはピークを過ぎても高値を維持。半面、出荷量は少なく、19日現在で2380㌧と前年同期の2530㌧を6%下回っている。みなべ町と印南町の両地区を合わせた目標の3000㌧からみると80%の達成率。果実の肥大拡大期に雨が少なかったことによる小玉化などが要因だという。
 例年なら7月上旬ごろまで収穫が続くが、ことしは生育が1週間から10日程度早くなっている。

関連記事

フォトニュース

  1. めっちゃ甘そ~

日高地方などのイベント情報

  1. ホタル観賞の夕べ

    5月 25 @ 7:00 PM - 9:00 PM
  2. かわべ天文公園青空フリーマーケット

    5月 26 @ 10:00 AM - 3:00 PM
  3. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る