南高梅 出荷終盤に今シーズン最高値

 梅の出荷が終盤を迎えているが、主力品種の南高梅の価格が好調だ。昨年同時期と比べると1箱(10㌔入り)当たり1000円以上の高値。出始め時期の5月末よりも高く、現在が今シーズンの最高値となっている。出荷量が少ないことや縁起がいいといわれる申年の梅となることなどが影響しているとみられる。
 JA紀州の出荷受け付けは昨年より2日早い先月25日から始まった。出始めの価格は、4L秀1箱で5300円程度からスタート。出荷量が増えるに従って若干の価格低下はみられたが、その後は徐々に持ち直し、19日現在では4L秀が5420円など出始め時期を上回っている。
 例年だと出始めが最高値で以後は下降傾向となるが、ことしはピークを過ぎても高値を維持。半面、出荷量は少なく、19日現在で2380㌧と前年同期の2530㌧を6%下回っている。みなべ町と印南町の両地区を合わせた目標の3000㌧からみると80%の達成率。果実の肥大拡大期に雨が少なかったことによる小玉化などが要因だという。
 例年なら7月上旬ごろまで収穫が続くが、ことしは生育が1週間から10日程度早くなっている。

関連記事

フォトニュース

  1. 宝探しに親子ら200人

写真集

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る