日高川町 指定管理者条例改正案を撤回

日高川町議会は、17日午後から議案審議を再開。執行部は、午前中、議員から反発があった公共施設指定管理者の指定管理手続きを変更する条例改正案について、議案を取り下げた。
 議案は公共施設の指定管理者の選考方法について、これまで民間からは公募でのみ選ぶとしていたが、改正案では町長等が合理的な理由があると認めた場合、公募なしで選定できることを加える内容。
 午前中、町は現指定管理者が安定運営していることなどを説明したが、議員からは新規参入の妨げや、条例を変える必要性などで批判が相次いだ。
 町は議員の意見を受けて、午後の再開前に開かれた全員協議会の中で「条文の再度調整が必要」として議案の取り下げを提案。再開後に町から議案の撤回請求が出され、議会が認めた。
 このほか、一般会計補正予算では、特定不妊治療費助成事業の対象年齢について質問があり、国、県の対象年齢が42歳までになっているが、市木久雄町長は43歳以上でも町単独の補助は出していく意向を示した。

関連記事

フォトニュース

  1. わんちゃん大好き

日高地方などのイベント情報

  1. 中紀吹奏楽フェスティバル

    7月 7 @ 12:30 PM

Twitter

書籍レビュー

  1. 7月には「君の名は。」の新海誠監督と組んで新作アニメ映画「天気の子」を公開する映画プロデューサー、川…
  2. 著者は高校時代から執筆を開始し、大学在学中に江戸川乱歩賞に応募したこともあったそうです。2009年、…
  3. 昭和は田宮二郎、平成は唐沢寿明、そして岡田准一主演の令和版が先ごろ放映された、医療ドラマ「白い巨塔」…
  4. 「万能鑑定士Q」等の人気シリーズの著者、松岡圭祐の近著をご紹介します。 内容 吉田琴美は早くに…
  5. 1869年5月、戊辰戦争最後の戦場となった箱館五稜郭の防衛線で、新選組副長土方歳三が戦死して今年で1…
ページ上部へ戻る