みなべの東農園 黄梅祭で収穫祝う

 みなべ町東本庄、梅加工業者の㈱東農園(東善彦社長)は14日、同社近くの梅畑で縁起がいいといわれる申年の収穫を祝う「黄梅祭(おうばいさい)」を営んだ。同社が12年に1度、申年に行っている神事。収穫した梅は「五福」として11月から販売される。東社長は「各社が申年の梅をPRすることで、梅全体の価値を高めることができる」と話していた。
 平安時代の村上天皇が疫病にかかり、申年の梅干しと昆布を入れた茶で病を治したといういわれと、「病が去る」「難が去る」との語呂合わせから、申年の梅は縁起がいいといわれる。同社が申年に営んでいる黄梅祭は、ことしで3回目。恵方に当たる南南東に位置する通称「新改梅園」で行われた。須賀神社の前芝弘知宮司が神事を行い、同社の従業員15人が列席して産地の発展を祈願。花が咲いた2月には梅花神事も行っており、今後は7~8月の天日干し時期に調製神事も行う。新改梅園の梅でつくった梅干しは「五福」として売り出す。同社では、今月7日には西又梅園(滝)で御神縁の神事、翌8日には畑ヶ谷(東本庄)の園地でも黄梅祭を営んでいる。東社長は「ことしの梅は申年の梅で、縁起がいいといわれていることを広く浸透させることが大切。それには業界挙げて取り組まなければならない」と話していた。

関連記事

フォトニュース

  1. 色とデザイン選んでね

日高地方などのイベント情報

  1. みやまの里ふじまつり

    4月 13 - 5月 6
  2. エビネ、春の文化展

    4月 27 - 4月 28
  3. 道成寺会式

    4月 27 @ 2:00 PM
  4. 上阿田木神社春祭り

    4月 29 @ 1:00 PM
  5. 御坊市民文化会館ティータイムコンサート

    4月 29 @ 2:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  いよいよ4月1日、「平成」に代わる新しい元号が発表されます。本書は元号・皇室研究の第一人者、京産大…
  2.  現代社会を鋭くも軽妙な筆致で描き出す人気作家、伊坂幸太郎の特に人気の高い快作を紹介します。「チルド…
  3.  以前にTBSで、吉岡秀隆、杏ら出演でドラマ化された、ハートフルミステリーシリーズの第1作をご紹…
  4. 現在放映中のあの有名アニメの映画脚本を手がけた直木賞作家が、自ら書き下ろした物語(小説)を紹介します…
  5.  NHKでドラマ化された塩田武士のデビュー作、以前本欄でも紹介した「盤上のアルファ」の続編が文庫化さ…
ページ上部へ戻る