ごぼう商工祭にぎわう

 御坊商工会議所(吉田擴会頭)等が主催のごぼう商工祭が5日、小竹八幡神社前をメーンに日高別院や寺内町で開催された。心配された雨も午前中でほぼやみ、午後を中心に家族連れら1万2000人が来場。ことしは寺内町に43軒の家紋幕が飾られ、より一層レトロな雰囲気が漂うなか、さまざまなパフォーマンス、グルメで盛り上がった。 
 家紋幕は家紋が入った大きな幕で、御坊市内に古くからある家では所有しており、冠婚葬祭などで軒先に飾る風習があった。今回の商工祭では寺内町の雰囲気を出すために初めて家紋幕を飾った。中でも日高別院東側の道路にはたくさん飾られ、情緒たっぷり。人力車の周回コースとなっており、乗客らは100年前の時代にタイムスリップしたような感覚を楽しみながら、心地よく揺られていた。
 初めての取り組みでは御坊幼稚園前の移動動物園があり、乗馬体験やヒヨコ、ウサギ、カメとの触れ合いが子どもたちに大人気。小竹八幡神社の境内ではチェーンソーアート世界チャンピオン、城所ケイジさんによるカービングショーがあり、木くずを激しく飛ばしながらさまざまな動物を形作っていく様子を多くの人が見守っていた。
 このほか、空手の演武や日高高校、紀央館高校書道部のパフォーマンス、ブラスバンド部による演奏などもあり、いずれも多くの人だかり。小竹八幡神社前広場のうまいもんマルシェでは花まる焼きやあゆドッグ、からあげ、カレー、焼きそばなどさまざまな食べ物の出店があり、昼食時には大にぎわいだった。

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。