住吉大社全国弓道 紀央館女子が優勝

 第65回住吉大社全国弓道大会(遠的・住吉大社、大阪府弓道連盟主催)が1日に住吉大社特設射場で開かれ、学生団体女子で紀央館が見事優勝に輝いた。日高も2位に入ったほか、個人でも一般含め5人が入賞するなど地元勢が活躍した。
 遠的は60㍍先にある直径1㍍の的を狙って弓を引く競技。学生女子団体には28チームが出場。3人1チームで1人4射、合計12射の的中数で競った。紀央館は生駒佳永さん(2年)、森澤明日加さん(2年)、横山ほのかさん(3年)がメンバー。12射中7中だった。同じ7中を出した日高と50㌢的を使った決勝競射を行い、両チームの選手が外していく中、森澤さんが見事1中を決め優勝を手にした。3人は「コンディションはあまり良くなかったですが、優勝を目標に頑張ってきたのでとってもうれしいです」と笑顔を見せている。2位の日高メンバーは古田倫子さん(3年)、出石美波さん(3年)、川﨑沙羅さん(3年)だった。
 個人では92人が出場した学生女子で川﨑沙羅さんが2位、生駒佳永さんが3位、日高の永野季奈さん(2年)が5位。128人が出場した学生男子では紀央館の田渕善文君(3年)が3位。217人が出場した一般女子個人では日高高出身で田辺市弓道連盟に所属している濵中香里さん(日高川町)が3位に入った。

関連記事

フォトニュース

  1. でっかく育ってね

日高地方などのイベント情報

  1. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る