けっこう当たるで

 日高川町体育協会スポーツ吹矢部(渡瀬幸嗣部長)は29日、小熊の農村環境改善センターでスポーツ吹矢体験教室を開いた。
 最初に渡瀬部長らが基本動作や吹き方、腹式呼吸をすることでさまざまな健康効果が期待されることを説明。体験では参加者たちが6㍍離れた的の前に立ち、矢を放っていった。
 小熊の下田幸宏さん(63)は「丁寧に指導してもらえたおかげで思ったより的に当たりました。動作などで難しいところもありますが、楽しさがわかりました」と話し、「スパン」と気持ちのいい音を出しながら的に当てていた。

関連記事

フォトニュース

  1. 道成寺のしだれ桜も見頃に

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る