神歌に合わせ雅やかに

 日高川町初湯川の上阿田木神社で29日、春祭りが行われた。
 本殿での神事のあと、舞殿で御神楽式が行われ、ヤツハチと稚児(獅子)の舞を奉納。ヤツハチは笠松小4年の友渕崇文君と3年の今北晃嗣君。両手に箸を持ち、雅やかな神歌と笛、太鼓に合わせて両手を広げたり回転する舞を披露=写真=。笠松小4年の寒川絢心君の獅子と交互に奉納し、カメラマンや見物客を楽しませた。
 このほか、先端に大中小さまざまな花を飾った幟もあり、近くで行われている藤まつりと合わせて周辺はにぎわっていた。

関連記事

フォトニュース

  1. これからも頑張ります!

日高地方などのイベント情報

  1. アミザージサッカー教室

    3月 30 @ 9:00 AM
  2. 印南駅ナカコンサート

    3月 31 @ 11:00 AM

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る