梅の郷救助隊が熊本へ

甚大な地震被害を受けた熊本県へ支援物資を送ろうと、みなべ町などの団体や個人から日用品や食料などが集まり、21日に現地に向けて出発した紀州梅の郷救助隊に預けた。
 みなべ・田辺地域世界農業遺産推進協議会、アグリファイブ、みなべ町商工会青年部などから特産の梅干し、梅製品のウメパワープラス、カップ麺、缶詰、サランラップ、おむつ、衣類などが集まった。21日には役場で積み込み作業が行われ、3・5㌧の保冷車に満載となった。救助隊のメンバー9人は22・23日に同県南阿蘇村に入り、茶がゆの炊き出しなどを行う。受け取った尾﨑剛通隊長は「たくさんの支援物資を預かった。被災地に届け、みんなの善意の気持ちを伝えたい」と話した。

関連記事

フォトニュース

  1. これはこうやって飛ばすんよ

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
求人ステーション
ページ上部へ戻る