御坊市で戦没者追悼式

 御坊市の戦没者追悼式が15日に福祉センターで行われ、遺族ら約60人が参列して963柱の冥福を祈った。
 以前は市遺族会が主催で行っていたが、昨年から市と市社会福祉協議会が引き継いでいる。柏木征夫市長は「平和で穏やかな日々を過ごせるのも英霊のおかげ。悲惨な戦争を未来に語り継ぎ、郷土の発展に努めていく」と式辞。来賓の中村裕一県議、西本和明市議会議長らがあいさつしたあと、市遺族会の仮家正弘会長が「先の大戦を知らない世代も多くなり、子どもたちにも伝えていきたい。二度と戦争を繰り返さず、恒久平和を実現するよう努力していく」と決意を新たにした。参列者はスターチスを献花し、冥福を祈っていた。

関連記事

フォトニュース

  1. お巡りさんになりませんか

写真集

日高地方などのイベント情報

  1. フェスタ・ルーチェサテライト

    7月 28 @ 7:30 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る