県が津波災害警戒区域を指定

 県は11日、県内沿岸部19市町の南海トラフ巨大地震津波浸水想定区域を「津波災害警戒区域」に指定すると発表した。
 津波災害警戒区域とは、津波が発生した場合に住民の生命、身体に危害が生じる恐れがあり、警戒避難体制をとくに整備すべき区域のことで、「イエローゾーン」とも呼ばれる。津波防災地域づくりに関する法律に基づき、近畿で初めて、全国では徳島県、山口県、静岡県に次いで4番目の指定となる。
 日高地方は由良町、日高町、日高川町、美浜町、御坊市、印南町、みなべ町の南海トラフ巨大地震津波浸水区域が対象。各市町は地域防災計画に避難場所、避難経路、避難訓練の実施等を規定し、区域内にある社会福祉施設や学校、医療施設で避難確保計画を策定することになり、津波避難対策がより確実になるという。
 県は19日午前9時半からホームページに津波災害警戒区域の想定津波高(基準水位)等を示したデータを掲載する。

関連記事

フォトニュース

  1. これからも頑張ります!

日高地方などのイベント情報

  1. アミザージサッカー教室

    3月 30 @ 9:00 AM
  2. 印南駅ナカコンサート

    3月 31 @ 11:00 AM

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る