中下さんと馬場さんがGゴルフで国体へ

 平成27年度中に行われたグラウンドゴルフ大会の上位者のみが出場できる27年度上位者決定G・G交歓大会が22日に紀三井寺運動公園陸上球技場で開かれ、男性の部で川辺友愛クラブの中下泰男さん(71)=日高川町土生=が見事優勝。女性の部で6位に入ったプレミオクラブ(美浜町三尾)の馬場はるかさん(63)=三尾=とともに9月に岩手県で開かれる国体出場を決めた。
 同大会には1年間に行われた11の大会で1回以上、上位10位に入った選手を対象に行われ、男女175人が出場。1ラウンド8ホールで3ラウンドの打数で競った。
 中下さんは3ラウンドとも各1回ずつマイナス3打となるホールインワンを出し、またどのホールも最高でも3打以内の好調ぶりで、1ラウンド14打、2、3ラウンド16打の合計46打を記録。2位と5打差を開けて優勝に輝いた。グラウンドゴルフ歴11年で毎週3回練習。6年前のねんりんピック石川にも出場経験がある実力者。国体に向け「グラウンドゴルフはホールインワンが出るかどうかなど運の要素が強いので、あまり力まず、ゲームや人との交流を楽しむことを目的にプレーしてきたいです」と話している。
 馬場さんは2回のホールインワンを出し56打。始めて約4年と短いながらも全国規模の大会も経験。週に3、4回練習に励み、この日の調子も良かったという。国体に向け「楽しむつもりでいつもの調子でいきたいです」と話している。
 大会では2人のほか川辺友愛クラブの玉置貞代さん(74)=小熊=も3位に入っているが国体出場は辞退。また馬場さんの夫でプレミオクラブの正之さん(63)も9位と健闘した。

関連記事

フォトニュース

  1. 野球も女子が熱い!

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
求人ステーション
ページ上部へ戻る