みなべ町の学童保育利用者増加

 みなべ町の学童保育の利用者が年々増加している。平成28年度は南部学童保育所(北道)と上南部学童保育所(谷口)を合わせると143人で、4年前の60人と比べて2倍以上に増加。子どもの数が減少しているのに反して増えており、夫婦共働きの家庭が増えていることが大きな要因とみられる。
 南部学童保育所は南部小学校内、上南部学童保育所は町生涯学習センターの裏手にある。保護者が仕事などの理由で放課後や長期休暇中などに保育することができない場合に利用できる。両所の利用者数の推移をみると、24年度が60人(南部のみ)、25年度が92人(南部67人、上南部25人)、26年度が98人(南部68人、上南部30人)、27年度が132人(南部91人、上南部41人)、28年度が143人(南部103人、上南部40人)と増えている。
 一方、町内の小学校に入学する児童は減少傾向で、24年度は132人だったが本年度は108人。子どもの数は減少しているのに反して、学童保育所の利用は増加する傾向となっている。行政は利用者の増加に対応し、25年4月に上南部学童保育所を新設。27年度は南部学童保育所に第2学童保育所を開設した。対象児童についても以前は1~3年生としていたが、27年度から1~6年生に引き上げた。岩代地区、高城地区、清川地区もふれあいルームを開設して対応している。南部学童保育所の第1と第2、上南部学童保育所の定員は各50人程度。現状は定員いっぱいに近い状態で、「全国的に認可保育所に入れない待機児童が問題となっているが、このまま増え続けると学童保育に入れない場合も出てくるのでは」という声も。

関連記事

フォトニュース

  1. お巡りさんになりませんか

写真集

日高地方などのイベント情報

  1. フェスタ・ルーチェサテライト

    7月 28 @ 7:30 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る