みなべでひょう 梅の被害は4億1000万円

 去る27日にみなべ町や田辺市などで降雹(こうひょう)があり、梅の果実に傷がつくなど大きな被害が発生。被害面積は全体で1002㌶、被害額は8億459万円に上った。みなべ町は東吉田、埴田、晩稲、熊岡など768㌶で4億1087万円の被害。8割以上の果実が被害を受けた園地もあり、農家にとっては大きな痛手となった。
 28日にJA、行政関係者らが現地に入って調査し、29日現在の状況をまとめた。
 県農林水産総務課によると、雹が降ったのは午後6時半ごろから15分間程度。農家らの話によると直径3~5㍉ぐらいだったという。被害はみなべ町が最も多く、南部川左岸側のみなべインターチェンジ付近から南部梅林までが特に大きかったという。田辺市では221㌶、3億8263万円。白浜町では13㌶で1108万円の被害が確認された。梅は現在直径約1㌢程度の実を付けているが、今後、果実の成長に伴って傷が目立ってくる可能性もあり、商品価値が低下する。同課の担当者は「この時期は葉が大きく成長していないため、雹が直接果実に当たった。被害を受けた果実の割合も高く、広範囲に及んだ」と話している。
 関係者らは「これだけ広範囲にわたる大きな降雹被害は10年ぶりぐらいではないか」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. お外でヨーガ 気持ちいい~

日高地方などのイベント情報

  1. ホタル観賞の夕べ

    5月 25 @ 7:00 PM - 9:00 PM
  2. かわべ天文公園青空フリーマーケット

    5月 26 @ 10:00 AM - 3:00 PM
  3. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る