楽天トラベル 春旅行で和歌山が2位

 楽天が運営する宿泊予約サイト「楽天トラベル」が発表した「2016年の春旅行 人気上昇エリアランキング トップ10」で、和歌山県が昨年に続いて全国2位に入った。県と県観光連盟がテレビなど独自のメディア対策に力を入れ、同時に国の地方創生交付金を活用してキャンペーンを展開した結果で、映画『海難1890』の舞台となった串本町や日本三美人湯の龍神温泉が人気となっている。
 楽天の春旅行人気エリアランキングは、3月1日から4月28日までの国内予約人泊数(人数×宿泊数)を集計。ことしは福井県が前年比68・7%増で1位となり、富山県(7位)、石川県(8位)とともに北陸3県がトップ10入りを果たすなど、昨年に続いて北陸新幹線の開業効果がみられた。3位は鳥取県、4位は秋田県、5位は茨城県。
 2年連続で2位に入った和歌山県は、訪日外国人旅行者のインバウンド観光客が前年比78%増加したほか、国の地方創生交付金の「ふるさと割」を活用した「和みわかやまプレミアムキャンペーン」がヒット。オスマン帝国の軍艦、エルトゥールル号の奇跡の実話の映画化で注目を集める串本町、アドベンチャーワールドのパンダが人気の白浜町など南紀の人泊数が急増した。
 主な観光先としては那智の滝、橋杭岩の奇石群、潮岬灯台、古座川の一枚岩が人気となっており、日本三古湯の白浜温泉、日本三美人湯の龍神温泉など泉質のよい温泉もあらためて注目が集まっているという。
 楽天トラベルランキングで和歌山県は、平成26・27年の年間国内旅行の伸び率と27・28年の春旅行人気上昇エリアがともに2位となったほか、昨年はゴールデンウイークの国内旅行の行き先で6位、夏の国内宿泊予約先も8位と健闘。シルバーウイークと秋の旅行先人気上昇エリアではともに1位となった。
 県観光振興課は「今後も女性が高野山を気軽に楽しめる企画『週末は聖地へ 時忘れの旅』や白浜エリアで実施中の『おとなの白浜さんぽキャンペーン』、NHK大河ドラマに合わせた『戦国わかやま誘客キャンペーン』などを展開し、和歌山県の多彩な観光資源の魅力を効果的に発信していきたい」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. わんちゃん大好き

日高地方などのイベント情報

  1. 中紀吹奏楽フェスティバル

    7月 7 @ 12:30 PM

Twitter

書籍レビュー

  1. 7月には「君の名は。」の新海誠監督と組んで新作アニメ映画「天気の子」を公開する映画プロデューサー、川…
  2. 著者は高校時代から執筆を開始し、大学在学中に江戸川乱歩賞に応募したこともあったそうです。2009年、…
  3. 昭和は田宮二郎、平成は唐沢寿明、そして岡田准一主演の令和版が先ごろ放映された、医療ドラマ「白い巨塔」…
  4. 「万能鑑定士Q」等の人気シリーズの著者、松岡圭祐の近著をご紹介します。 内容 吉田琴美は早くに…
  5. 1869年5月、戊辰戦争最後の戦場となった箱館五稜郭の防衛線で、新選組副長土方歳三が戦死して今年で1…
ページ上部へ戻る