キララ・ときめきロード

 まちの発展に必要なものの一つに「道」がある。道ができることで住民の利便性が向上するのはもちろん、人の流れができ、産業の振興も図られる。近年は観光にも活用され、巨大地震など大規模災害時には救急車両の運行や支援物資の運搬で〝命の道〟ともなる。公共工事については賛否両論あるが、筆者は道の公共工事は必要不可欠だと思っている。
 「キララ・ときめきロード」という名称の道を知っているだろうか。最近はあまり聞かなくなったが、有田市から御坊市までを結ぶ約60㌔の海岸線道路(主に県道)。海岸線は美しい景色が広がり、由良町では戸津井鍾乳洞、白崎海洋公園、日高町では温泉館や産湯海水浴場、美浜町では日ノ岬、煙樹ケ浜などの名所があり、20年ほど前は観光道路として県が積極的に整備を推進していた記憶がある。
 最近あまり聞かないというのは、恐らく大半の区間で拡幅工事などが終了したからだと思うが、それ以上にこの名称を使ったような観光PRやイベントが行われていないからだと思う。インターネットでこのワードを検索しても、結構古い書き込みが目立っている。せっかく巨額の費用をかけて整備してきた道なのだから、うまく活用してもらいたいもの。各市町が連携して、海岸線を結んだ広域的な観光コースを提案して、誘客を図るのも手だろう。
 ただ、このルートの中でもまだ未整備の区間が残っている。由良町の小引―大引間や日高町の柏、美浜町の三尾などで、このまま中途半端にキララ・ときめきロードの整備をトーンダウンさせるのではなく、最後までやりきって、きっちり有効活用していく〝道〟を探してほしい。(吉)

関連記事

フォトニュース

  1. かごいっぱいになあれ!

日高地方などのイベント情報

  1. かわべ天文公園青空フリーマーケット

    5月 26 @ 10:00 AM - 3:00 PM
  2. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る