春は和歌山から、どすこい!

 13日から始まる大相撲春場所(エディオンアリーナ大阪=大阪府立体育館)を前に29日、和歌山県出身の春日野親方(53)=元関脇栃乃和歌=と御坊市出身の同部屋付き、岩友親方(34)=元前頭木村山=が県庁に仁坂吉伸知事を表敬訪問した。
 春日野親方、岩友親方とも箕島高校の出身で、2日からは昨年に続いて同校で後輩部員らとともに合宿・稽古を行うことを報告。仁坂知事は春日野親方が日本相撲協会の理事となったことなどにお祝いの言葉を述べ、栃ノ心や栃煌山、栃乃島ら春日野勢の一層の躍進に期待を寄せた。

関連記事

フォトニュース

  1. 道成寺のしだれ桜も見頃に

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る