和歌山放送ワイドFM 準備着々

 AMラジオ局の㈱和歌山放送(和歌山市)は大規模災害時等に県民に必要な情報を伝達する手段を確保するため、FMラジオによる中継局(ワイドFM)の整備を進めており、19日、総務省近畿総合通信局から御坊FM補完中継局(周波数92・4MHz)と田辺FM補完中継局(同91・6MHz)の予備免許が交付された。今春には親局となる和歌山中継局(海南市)が本放送を開始する予定となっている。
 ワイドFMは中波(AM)放送局を補完するために開設される放送局で、主に地上テレビ放送のデジタル化によって空いた周波数(90~95MHz)を使用してAM放送と同じ番組を放送する。聴取には90MHz以上の受信に対応しているFMラジオが必要。
 和歌山放送は昨年12月、和歌山市と岩出市、紀の川市、海南市、有田市などを放送エリアとするキー局(和歌山中継局=94・2MHz)の予備免許を取得。今春から本放送開始を予定しており、御坊、田辺局も順次、放送を開始する。
 御坊局は御坊市の白馬山から送信し、広川町から御坊市、日高川町をカバー。田辺局は田辺市の槇山を送信場所とし、みなべ町から田辺市、白浜町、上富田町などを受信エリアとする。従来のAM放送は、ワイドFM放送が始まっても続ける。
 同社は「昨年、国連総会で11月5日を『世界津波の日』とする決議案が全会一致で採択されました。由来となった安政の南海地震発生日に、『稲むらの火』の逸話が残る和歌山県の県域ラジオ局として、和歌山放送は稲束に火をつけ村人を高台に導き救った濱口梧陵を範にし、『現代の稲むらの火』となって、県民の命を救うため今後も放送をしていく」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. でっかく育ってね

日高地方などのイベント情報

  1. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る