県高校書写会 紀央館・日高の4人特別賞

 第67回県高校書初会審査が行われ、紀央館高校から矢口拓哉君(1年)、樫木香乃さん(2年)、岩﨑京香さん(3年)の3人、日高高校から稲葉有咲さん(1年)の作品が特別賞に選ばれた。
 出品総数は支援学校も含め3542点。特別賞は、各学年の特選(10%)のうち上位5%に与えられる賞。1年生は特別賞11点(特選218点)、2年生は特別賞5点(特選72点)、3年生は特別賞2点(特選30点)だった。紀央館高校の矢口君は「論語」にある孔子の言葉「温良恭倹譲」の5文字を書いた。「一字一字の大きさが違うので、うまくまとめるのが難しかったです」と話している。樫木さんは「臨書王鐸」。「行と行の配置を考え、バランスよく書くのに苦労しました」と話している。岩﨑さんは「臨王鐸」。35×35㌢の用紙に書いた。「紙が小さいので、筆の扱いがいつもと違って苦心しました」と話し、3人とも「特別賞をもらえてうれしいです」と喜んでいる。日高高校の稲葉さんは「蘭亭序」から「暢叙幽情(ちょうじょゆうじょう)」の4文字を書いた。心の奥を思うままに述べるという意味。「一画一画の線の太さがそれぞれ違うので苦心しましたが、思い通りに仕上げられたと思います」と笑顔で話している。両校の特選は次の皆さん。
 紀央館=橋爪初記、生駒佳永、上田夕加、小松涼、田口紗伎、藤川未帆、原彩花、木村星来(以上1年)、岡﨑史華、岡田智尋、岡本希良梨、田口奈央、山本千夏、山本真穂、玉置こころ、西山真以、上平桃子、南あれん、湊未来、森萌音(以上2年)、川端風夏、西田亜姫、上野水晶、雑賀愛唯、新田萌華、児玉桃香(以上3年)▽日高=柏木柚香、川口えりか、鈴木香那、井邊晶也、玉置実央、田村文乃、山本華、脇田実奈、森裕紀、伊藤紗知、武内萌々香(以上1年)、濱田吉乃、桑原望実、﨑山蘭(以上2年)

関連記事

フォトニュース

  1. 春本番もすぐそこ

日高地方などのイベント情報

  1. 巨大アンモナイトをさがせ!!

    3月 24 @ 1:00 PM
  2. 日高町歴史講座

    3月 24 @ 1:30 PM

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る