人工光栽培の難しさ

 数年前からプランターを使って野菜を栽培している。ただほとんど育たなかったり、また育っても大半は知らないうちに虫に食べられてしまっている。もっと簡単に室内で作れないものだろうか。そんな中、先日、和高専テクノサロンで、近畿大学生物理工学部の星岳彦教授の「スマート施設園芸」についての講演を聴いた。スマート施設園芸と言えば、LEDがたくさん並んだケースの中で作物が育っていくイメージ。生産者の減少が心配される中、建物の中で大量の作物を生産することができれば、食料自給率アップにつながるのではと考えている。電気店などでは、高価だが家庭向け製品も登場している。
 ただ講演では、LEDなどの人工光のみを用いた栽培の話ではなかった。人工光栽培については、電気代などのコスト面で採算が難しく、また出来た野菜も軟弱になるとのことで、内容は太陽光を活用したビニールハウスのような植物工場についてが中心だった。調べてみると、確かに植物工場は採算が難しいらしく、さまざまな企業が参入したものの撤退したところが多く、続けている企業も赤字が多い。原因はさまざまだが、人工光は常に一定の光条件を再現できるという利点はあるが、太陽光に比べると弱く生育上の問題となる。多くの光量を確保しようとすれば熱で葉が焼けたり、また温度が上昇するのでそれを抑えるため冷房が必要になり、コストが上がるという。
 やはり作物は太陽光で育てるのが一番か。ただ新たなLEDも開発されているなど、今後の発展には期待できる。将来的には虫の心配をせずに部屋の一角を使って、野菜や果物を栽培できる時代が来るのかもしれない。(城)

関連記事

フォトニュース

  1. 道成寺のしだれ桜も見頃に

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る