天然のクエ鍋は日本一!

 日本最大級の鍋料理コンテスト「ニッポン全国鍋グランプリ2016」(30・31日、埼玉県和光市)に日高町の九絵の町づくり推進実行委員会(山田理司委員長)が、名物クエ鍋で和歌山県内から初参戦するが、販売ブースに掲げるPR用の横断幕が完成した。
 大きさは横がいずれも3・2㍍で、縦が0・7㍍と1・2㍍の2種類。クエの写真とともに「クエの町 和歌山県日高町」と黒字、「天然クエ鍋」と赤字で書いており、インパクト抜群となっている。同委員会では地元産のクエを仕入れて、さばくなどしており、本番に向けて準備が着々と進められている。
 グランプリには全国の自慢の鍋を出す60チームがエントリー。来場者の投票で上位が争われる。

関連記事

フォトニュース

  1. 春本番もすぐそこ

日高地方などのイベント情報

  1. 巨大アンモナイトをさがせ!!

    3月 24 @ 1:00 PM
  2. 日高町歴史講座

    3月 24 @ 1:30 PM

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る