日高川町三百瀬に介護施設の建設進む

 日高川町三百瀬の公民館前で、町内初となる小規模多機能ホームとグループホームを併設した高齢者介護施設「なごみ・みよせの里」の建設が進んでいる。地元住民が代表を務める「NPO法人なごみ」が運営。地域密着の施設として、4月の開設を目指している。
 同地区では平成25年に地元住民らでつくる「温もりのある高齢者介護施設をつくる会(大橋光子会長)」が立ちあがり、施設開設へ活動開始。大阪で公務員として福祉関係の業務に携わっていた坂本末広さん(三百瀬)が理事長を務める「なごみ」が運営団体として発足し、施設建設に取り組んできた。
 小規模多機能ホームは介護認定を受けた高齢者を対象にデイ、宿泊、訪問の3つのサービスを提供する施設。登録定員は29人で、登録者の状況に応じてデイを基本に宿泊や訪問サービスを組み合わせる。グループホームは要支援2以上の人が利用でき、食事や掃除、洗濯などの日常生活支援を受けながら共同生活を送る。定員は9人。このほか介護認定に関係なく、子どもから高齢者まで誰でも気軽に利用、交流できるサロンも設ける。
 敷地面積は約1650平方㍍、施設面積は約700平方㍍。施設は木造平屋で木を多く使った温もりのある施設に仕上げる。現在、建設に取り掛かっている。
 従業員数はパートも含め約30人で町民も多く、地元雇用にも一役買っている。総事業費は約2億円でうち国が7500万円を補助。坂本理事長は「役所勤めのころからやりたかったことが、地域の皆さんとともに実現できてうれしく思います。住み慣れた地域でなじみの人たちとともに安心して暮らせる施設を目指したい」と話している。
 問い合わせはNPO法人なごみ℡0738-70-4000。

関連記事

フォトニュース

  1. 宇宙まで飛んでいけ~

日高地方などのイベント情報

  1. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る