日高川の下阿田木神社でお弓神事

 日高川町皆瀬、下阿田木神社(西川秀人宮司)で3日、新春恒例のお弓神事が行われ、多くの見物人やアマチュアカメラマンらでにぎわった。
 神事は矢を射て神意を占い、厄を払う行事として知られ、源平時代に始まったとされる。川原河や皆瀬など白装束に身を包んだ8人の氏子が15㍍ほど離れた場所に立てられた直径1㍍の的を狙って矢を放った。「ビュン」と音を立てて飛ぶ矢が見事的に当たると、見物人からは拍手と歓声が起きていた。最後の2射は、距離が2倍で、的の大きさが直径30㌢ほど。惜しくも命中はなかったが、勇ましく弓を引く姿にカメラマンらがシャッターチャンスを狙っていた。

関連記事

フォトニュース

  1. 桜はまだ少し早いけど

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る