比井崎漁港の「くえのもつ缶」人気

 日高町阿尾、比井崎漁業協同組合(初井富男代表理事組合長)が3年越しで開発して販売を始めた地元名物クエの胃袋を使った缶詰め「くえのもつ缶」は、ことしの製造分がすでに完売する人気となっている。来年分は3月をめどに販売するが、いまのところクエの水揚げが少なく、製造個数がことしよりも減る見通しで、より一層「手に入りにくい」という希少価値の高さで注目を集めそうだ。
 クエは大型魚だが、胃袋は1匹につきわずか100~200㌘しか取れないという希少部位。阿尾漁港で年間さばかれているクエは約50匹で、1匹の胃袋から製造できる缶詰めは2缶から4缶。ことしは150缶の限定生産で販売していた。胃袋は淡白な味わいだが、コリコリした独特の食感が特徴で、甘辛く煮込んで缶詰めにしたことで、酒のさかななどにもってこい。1缶(80㌘入り)1000円。阿尾漁港内の直売所で販売して1年目ということもあって、知名度はまだ高くないが、珍しさが話題を呼んで、順調に売れ切れた。来年もことしと同じ150缶の製造を目指しているが、漁協によると「今シーズンのクエの水揚げが少ないので、どこまで製造できるのか分からない。本当は増産できるぐらいであればいいのだが、とてもそこまでいかない」と話している。
 クエはスズキ目ハタ科に属する海水魚で、高級食材として有名。日高町はクエの町として知られており、民宿などで提供されているほか、クエフェアなどPRイベントも行われている。クエは料理にしたら捨てるところがないと言われ、以前から胃袋は民宿などで湯引きや白みそ煮などにして振る舞われることもあるが、缶詰めは全国的にも珍しい。クエ自体〝幻の魚〟と呼ばれるが、製造数の少なさゆえに〝幻のクエのもつ缶〟となりそうだ。
 漁協ではサバの缶詰めも同時開発しており、こちらは直売所で販売中。年末年始は31日から8日まで休みとなっている。

関連記事

フォトニュース

  1. う~ん、けっこう汚れてますね

写真集

日高地方などのイベント情報

  1. フェスタ・ルーチェサテライト

    7月 28 @ 7:30 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る