「世界津波の日」日本が模範に

 国際連合など国際機関によって定められた記念日、いわゆる国際デーといわれるものは調べてみればたくさんある。世界戦争孤児の日(1月6日)、国際人種差別撤廃デー(3月21日)、世界報道の自由の日(5月3日)、世界禁煙デー(5月31日)、世界環境デー(6月5日)、オゾン層保護のための国際デー(9月16日)など、聞いたことのあるものからあまり知られていないものまでさまざま。共通しているのは全世界が一丸となって取り組んでいかなければならない重要な問題や課題であるということ。戦争やテロの脅威はますます増しているし、二酸化炭素排出など環境への負荷はなくなっていない。記念日を一つのきっかけにあらためて意識を高めなければならない。
 そんな国際デーに和歌山発の新たな一日が加わった。11月5日の「世界津波の日」である。自民党総務会長の二階俊博代議士が提唱し、今月23日の国連総会で正式に決まった。11月5日は、稲むらの火の濱口梧陵の逸話で有名な安政南海地震が起こった1854年11月5日にちなんだものだ。日本はもとより南米やインドネシアなど津波による犠牲はまさに世界規模。津波から逃げ切る、世界共通の認識にしていくためにも有意義な記念日となるのは間違いない。
 記念日に制定することが目的ではなく、津波による犠牲者を一人でも少なくするための国際デーであることはいうまでもない。濱口梧陵の功績、東日本大震災での釜石の奇跡に代表されるように津波から命を守ったすべを今度は世界に発信していく役割を担った。日本が世界の模範になることが求められており、いまこそ日本人一人一人が防災の自覚を持つときだろう。(片)

関連記事

フォトニュース

  1. お外でヨーガ 気持ちいい~

日高地方などのイベント情報

  1. ホタル観賞の夕べ

    5月 25 @ 7:00 PM - 9:00 PM
  2. かわべ天文公園青空フリーマーケット

    5月 26 @ 10:00 AM - 3:00 PM
  3. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る