御坊で釣りの男性が海に転落、死亡

 12日深夜、御坊市塩屋町南塩屋の南塩屋漁港で、釣りに来ていた大阪の男子専門学校生が海に転落し、約1時間後に海中で発見されたが、間もなく搬送先の病院で死亡が確認された。
 亡くなったのは大阪市阿倍野区松崎町の坂本和希さん(19)。現場は漁港から西約200㍍の防波堤で、御坊署によると、午後11時55分ごろ、友人4人と一緒に釣りをしていた坂本さんが約4㍍下の海に落ちた。友人が音に気づき、釣りざおで助けようとしたが、姿が見えなくなったため110番通報。同署と市消防が周囲を捜索したところ、現場近くの水中で見つかり、引き揚げたが、すでに心肺停止の状態だった。
 御坊署管内ことし9件目の水難事故で、犠牲者は8人目。坂本さんらのグループは12日午後11時30分ごろに釣りを始めたという。同署が詳しい事故の原因を調べている

関連記事

フォトニュース

  1. 春本番もすぐそこ

日高地方などのイベント情報

  1. 巨大アンモナイトをさがせ!!

    3月 24 @ 1:00 PM
  2. 日高町歴史講座

    3月 24 @ 1:30 PM

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る