全国高校文化祭書道の部 日高・紀央館の4人代表に

 来年7月30日から広島市で開かれる全国高等学校総合文化祭書道部門の県代表選考会で、日高高校2年の東山紗也さん、紀央館2年の西山真以さん、1年の原彩花さん、木村星来さんの4人が選ばれた。県内の高校35校から115点の応募があり、各校書道部顧問の審査の結果、日高地方の4人に決まった。
 東山さんは2年連続の選考。中国、清代末期の書家趙之謙(ちょうしけん)の「隷書張衡霊憲四屏(れいしょちょうこうれいけんしへい)」。隷書体の独特の払い「波たく」を丁寧に仕上げ、また濃墨を使い墨のかすれなどもきれいに出した。2回目の全国総文に向けて「前回は交流会で他の方と関わることが出来なかったので、今回は積極的に交流し、いろんなことを勉強したいです」と張り切っている。
 西山さんは明末~清初の文人画家・書家傅山、原さんは明末~清初の書家王鐸、木村さんは清代の詩人・学者何紹基の臨書。3人とも全国総文へは初めての選考となった。西山さんは「文字が大きくなってしまい、行間を美しく整えるのに苦労しました」、原さんは「行の下の部分をそろえるのが大変でした」、木村さんは「文字をバランスよく、一字一字の形をきれいに書けるよう心がけました」と作品について話し、「県代表に選ばれてうれしい。全国の書道を学ぶ高校生と交流できるのが楽しみです」と意欲的に話している。

関連記事

フォトニュース

  1. 宇宙まで飛んでいけ~

日高地方などのイベント情報

  1. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る