シキソタイヨウデンチ?

 和歌山工業高等専門学校(堀江振一郎校長)は4日、名田中学校連携事業として色素太陽電池実験を行い、名田中2年生18人が参加した。
 指導は物質工学科の網島克彦教授で、学生もサポート。色素太陽電池は、一般的に普及しているシリコンから作られる電池と異なり、二酸化チタンと色素から作られる。実験では二酸化チタンを焼き付けたプレート電極に色素をたらし、電子オルゴールを鳴らしてみて電力が作れたかどうか確認。色素を変えたりするなどして実験し、生徒たちは、新たな発電技術に驚きながらも、楽しそうに取り組んでいた。

関連記事

フォトニュース

  1. 宝探しに親子ら200人

写真集

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る