けっこうええのんできたで

 日高川町の和佐小学校(玉置智一校長)は30日、紀の国緑育推進事業の一環で苔玉作り教室を開き、5・6年生19人が参加した。
 講師はゆめ倶楽部21の玉置敦子さん。草などの植物に水苔を丸めて糸を巻き、その上から玉置さんが近くの森から取ってきた苔を巻いて糸で固定する。1人3つずつで、小さめなものから大きいものまで児童たちは楽しそうに作っていた=写真=。6年生の湯川騰麻君は「初めて作りました。できた苔玉は玄関に置きたいです」と話していた。

関連記事

フォトニュース

  1. 野球も女子が熱い!

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
求人ステーション
ページ上部へ戻る