Sioトープ 鬼太郎の横にお悔やみ看板

 「ゲゲゲの鬼太郎」で知られる漫画家の水木しげるさんが30日に93歳で亡くなったことを受け、御坊市塩屋町のSioトープに鬼太郎の石像を設置するなどゆかりのある御坊市は1日、石像の横にお悔やみの看板を取り付けた。
 幅広い世代に親しまれる妖怪の石像で親子の触れ合いの場にしてもらおうと柏木征夫市長が提案し、平成21年10月のオープン当初から高さ30~50㌢の石像を設置。目玉のおやじを手に乗せた鬼太郎やねずみ男、猫むすめなど10体があり、Sioトープのシンボルとして多くの住民に親しまれている。
 原作者の訃報を受け、市が鬼太郎の石像の横に設置した看板には「Sioトープの石像たちのモデルである『ゲゲゲの鬼太郎』の作者、水木しげる先生がお亡くなりになりました。謹んでお悔やみ申しあげ、心からご冥福をお祈りいたします」と記している。訪れた人は「鬼太郎も少し寂しそうに見えます」と話していた。

関連記事

フォトニュース

  1. 今年も飛び始めました

日高地方などのイベント情報

  1. ホタル観賞の夕べ

    5月 25 @ 7:00 PM - 9:00 PM
  2. かわべ天文公園青空フリマとロックフェス

    5月 26 @ 10:00 AM
  3. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る