御坊の鳳生寺に鳥獣供養塔建立

 御坊市湯川町富安、臨済宗妙心寺派鳳生寺(岩本龍飛住職)に、新しく「鳥獣供養塔」が建立され、25日に開眼供養が行われた。
 犬や猫などペットを愛する人が多い中、誰でも気軽にお参りできる場にと建立した。龍神村出身で御坊に移住して檀家となり、昭和33年に亡くなった寒川徳好さん(享年72)の関係者が寄進。供養塔の左側面には「寒川家建立」と記されている。開眼供養には寒川家の関係者らが参列し、岩本住職の読経の中、線香を立てて拝んだ。岩本住職は「寄進いただき本当にありがたい。ペットも家族の一員となり、死亡したらお参りしたいと思っている人は多い。宗派に関係なくお参りしていただきたい」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. これからも頑張ります!

日高地方などのイベント情報

  1. アミザージサッカー教室

    3月 30 @ 9:00 AM
  2. 印南駅ナカコンサート

    3月 31 @ 11:00 AM

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る