まだ入るんちゃう?

 由良町地域交流協議会(向井宏幸会長)が21日、中地内国道42号沿いの地域交流施設「ゆらっと紀州」で青空市を催し、多くの主婦らが訪れた。
 産品は地元の出荷者協議会(中井久会長)が出品。ミカン、ハクサイ、ダイコン、カブラ、ワケギ、ミズナ、チンゲイサイなど旬の果物や野菜が100円または200円で販売された。特別イベントとして200円で特産ミカンの詰め放題もあり、大人気。袋がパンパンになるまで詰めて、さらにサービスで2、3個つけてくれるなどで喜ばれていた。
 同協議会は地元産品をPRしようと、ことし5月のゴールデンウイークにも産品販売を行った。向井会長は「今後も青空市を春と冬の年2回程度行っていきたい。地元で収穫された新鮮な野菜や果物があるので、地元はもちろん町外からも買いに来てほしい。町内で出品する人の数も増やしていければ」と話していた。
 この日は、会場の一角で地元の「里山部」が手作りした「ガラスブロックスツール」も展示販売。木枠にガラスをはめ込んだ背もたれのないいすで、おしゃれな花台などとしても利用できる。里山部では売上金の一部をチャリティー金として活用し、里地内に防災避難所を兼ねた交流スペース作りを進めている。

関連記事

フォトニュース

  1. 道成寺のしだれ桜も見頃に

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る