田辺で全国道の駅シンポジウム

 第4回全国道の駅シンポジウム(全国「道の駅」連絡会、田辺市主催)は17日、田辺市の紀南文化会館で開かれた。
 筑波大学大学院システム情報系社会工学域の石田東生教授が「地方創生と道の駅の賢い活用」で基調講演。「道の駅は地域の経営戦略として、販売額や新たな地場産業の創出などで大きな経済効果もある。今後は大学などと連携を強化し、自治体の経営計画や戦略の中に位置づけることが大事」などと述べた。引き続き、「新たな道の駅の展開に向けて」のテーマで分科会も開かれた。
 シンポジウム終了後、みなべ町や日高川町など道の駅がある紀南地方の12市町村、国土交通省近畿整備局、県の3者で「道の駅防災利用に関する基本協定書」を締結。大規模災害発生時の対応の連携を強化した。

関連記事

フォトニュース

  1. お巡りさんになりませんか

写真集

日高地方などのイベント情報

  1. フェスタ・ルーチェサテライト

    7月 28 @ 7:30 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る