小学生バスケ 日高男女が優勝

 小学4年生以下の第4回県フレッシュミニバスケットボール大会は15日、和歌山ビッグホエールであり、日高クラブが男女そろってブロック優勝を飾った。
 男子は20チームが3ブロック、女子は17チームが2ブロックに分かれ、それぞれトーナメントで熱戦。日高男子Aは1回戦で橋本Aを53―0、準決勝で「IWADE―A」を33―10、決勝は「海南OU―A」を56―0で退けた。堅守が光り、速攻を連発。ミスのないゲーム運びで、それぞれ相手を寄せ付けなかった。日高女子は1回戦不戦勝。2回戦で橋本を18―8、準決勝で高松Aを13―12、決勝でかつらぎを21―15で下した。得点が拮抗(きっこう)するなか最後まで集中。粘り強く守り、いずれも接戦をものにした。
 男女とも初優勝。雑賀孝之コーチは「それぞれディフェンスを頑張り、よくやった。自信もついたと思いますし、これからが楽しみ」と笑顔を見せ、「ここからがスタート。6年生になったときも勝てるよう、いいチームにしていきたい」と話していた。優勝メンバーは次の皆さん。
 代表者兼コーチ=雑賀孝之▽マネジャー=雑賀亜紀▽男子=佐津弘晃、宮本紀和(以上Aコーチ)、稲垣叶大、栗本和弥、那須亮太、白井誉、宮本優、雑賀柊人▽女子=宇戸秀弥、佐津弘晃(以上Aコーチ)、酒井飛香、原星空、坂成海、松本舞、佐津希実、石家茉梨、宮本奈々美、原優心、鈴木愛羅、佐津那波

関連記事

フォトニュース

  1. かごいっぱいになあれ!

日高地方などのイベント情報

  1. かわべ天文公園青空フリーマーケット

    5月 26 @ 10:00 AM - 3:00 PM
  2. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る