小学生バスケ 日高男女が優勝

 小学4年生以下の第4回県フレッシュミニバスケットボール大会は15日、和歌山ビッグホエールであり、日高クラブが男女そろってブロック優勝を飾った。
 男子は20チームが3ブロック、女子は17チームが2ブロックに分かれ、それぞれトーナメントで熱戦。日高男子Aは1回戦で橋本Aを53―0、準決勝で「IWADE―A」を33―10、決勝は「海南OU―A」を56―0で退けた。堅守が光り、速攻を連発。ミスのないゲーム運びで、それぞれ相手を寄せ付けなかった。日高女子は1回戦不戦勝。2回戦で橋本を18―8、準決勝で高松Aを13―12、決勝でかつらぎを21―15で下した。得点が拮抗(きっこう)するなか最後まで集中。粘り強く守り、いずれも接戦をものにした。
 男女とも初優勝。雑賀孝之コーチは「それぞれディフェンスを頑張り、よくやった。自信もついたと思いますし、これからが楽しみ」と笑顔を見せ、「ここからがスタート。6年生になったときも勝てるよう、いいチームにしていきたい」と話していた。優勝メンバーは次の皆さん。
 代表者兼コーチ=雑賀孝之▽マネジャー=雑賀亜紀▽男子=佐津弘晃、宮本紀和(以上Aコーチ)、稲垣叶大、栗本和弥、那須亮太、白井誉、宮本優、雑賀柊人▽女子=宇戸秀弥、佐津弘晃(以上Aコーチ)、酒井飛香、原星空、坂成海、松本舞、佐津希実、石家茉梨、宮本奈々美、原優心、鈴木愛羅、佐津那波

関連記事

フォトニュース

  1. う~ん、けっこう汚れてますね

写真集

日高地方などのイベント情報

  1. フェスタ・ルーチェサテライト

    7月 28 @ 7:30 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る