南部梅林は来年1月30日開園

 みなべ町晩稲、南部梅林は来年1月30日に開園する。運営する梅の里観梅協会(武市佳文会長)はチラシを作製してPRしている。
 咲き誇る梅の花と多彩な誘客イベントが人気で、毎年京阪神などから訪れる大勢の観梅客でにぎわう。来年も開園期間中の土日曜日には盛りだくさんのイベントが行われ、紀州梅林太鼓、梅料理キャンペーン、炭琴演奏会、梅の種飛ばし、よさこい踊り、北道王子太鼓などがある。梅の花を写すフォトコンテストも企画されている。入園料は大人300円(中学生以上)、小人100円(小学生)。同協会は「梅を見ながらのんびりと早春を楽しんで下さい」と呼びかけている。

関連記事

フォトニュース

  1. でっかく育ってね

日高地方などのイベント情報

  1. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る