日高高校で防災スクール

 日高高校(上田優人校長)は10日、地域合同避難訓練と防災スクールを行い、同校生徒と周辺の保育園や幼稚園5園、御坊小学校児童、地域住民ら約1600人が参加した。
 昨年に続き2回目。地震、津波が発生と想定し、園児や児童が続々と日高高に集まり、高さを確保できる3階に避難した。避難後は、さまざまな防災体験。ことし初めて訓練に取り入れた避難シューターでは階段が使えなくなった場合などを想定し、附属中生らが約12、13㍍ある3階の窓から滑って脱出。滑り始めて2、3秒で到着するスピードで、生徒たちは初めての体験に驚きながらも真剣に取り組んでいた。3年生の松山歩未さんは「とっても怖かったですが、あっという間に下に着きました。1度経験しておくことで、いざという時もスムーズに滑れると思います」と話し、万が一へ意識を高めていた。
 このほか煙体験やパーテーション組み立て、バケツリレー、負傷者搬送法、ロープワーク、炊き出し、心肺蘇生法などがあり、JA紀州や御坊警察署、陸上自衛隊和歌山駐屯地、市消防、NPO法人寺子屋などをはじめ、多くの団体や企業が協力した。

関連記事

フォトニュース

  1. 野球も女子が熱い!

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
求人ステーション
ページ上部へ戻る