ヨイショ、ヨイショ

 みなべ町埴田、愛之園保育園(神谷羊子園長)で31日、園児64人が祖父母らと一緒にもちつきを楽しんだ。
 保護者らから提供されたもち米8升を蒸し上げ、昔ながらのうすときねでついた。子どもたちは順番にきねを持って力いっぱい振り下ろし、見守る園児から「ヨイショ、ヨイショ」とかわいい声援が飛んだ。ついたもちはみんなで丸めて、もち投げも楽しんだ。埴田の加茂芳夫さん(57)は「孫と一緒だと楽しいですね」と笑顔で、神谷園長は「昔ながらのもちつきを祖父母から孫へと伝承してほしいし、もちの匂いや食感、味をしっかり感じてもらいたい」と話していた。

関連記事

フォトニュース

  1. かごいっぱいになあれ!

日高地方などのイベント情報

  1. かわべ天文公園青空フリーマーケット

    5月 26 @ 10:00 AM - 3:00 PM
  2. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る