ヨイショ、ヨイショ

 みなべ町埴田、愛之園保育園(神谷羊子園長)で31日、園児64人が祖父母らと一緒にもちつきを楽しんだ。
 保護者らから提供されたもち米8升を蒸し上げ、昔ながらのうすときねでついた。子どもたちは順番にきねを持って力いっぱい振り下ろし、見守る園児から「ヨイショ、ヨイショ」とかわいい声援が飛んだ。ついたもちはみんなで丸めて、もち投げも楽しんだ。埴田の加茂芳夫さん(57)は「孫と一緒だと楽しいですね」と笑顔で、神谷園長は「昔ながらのもちつきを祖父母から孫へと伝承してほしいし、もちの匂いや食感、味をしっかり感じてもらいたい」と話していた。

関連記事

フォトニュース

  1. 春本番もすぐそこ

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町おはなしの会

    3月 19 @ 10:00 AM
  2. 巨大アンモナイトをさがせ!!

    3月 24 @ 1:00 PM
  3. 日高町歴史講座

    3月 24 @ 1:30 PM

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る