ヨイショ、ヨイショ

 みなべ町埴田、愛之園保育園(神谷羊子園長)で31日、園児64人が祖父母らと一緒にもちつきを楽しんだ。
 保護者らから提供されたもち米8升を蒸し上げ、昔ながらのうすときねでついた。子どもたちは順番にきねを持って力いっぱい振り下ろし、見守る園児から「ヨイショ、ヨイショ」とかわいい声援が飛んだ。ついたもちはみんなで丸めて、もち投げも楽しんだ。埴田の加茂芳夫さん(57)は「孫と一緒だと楽しいですね」と笑顔で、神谷園長は「昔ながらのもちつきを祖父母から孫へと伝承してほしいし、もちの匂いや食感、味をしっかり感じてもらいたい」と話していた。

関連記事

フォトニュース

  1. これをこうやってから、これをこうやって…

写真集

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る