おいしいから食べてね!

 JA紀州(久保秀夫組合長)は22日、印南町のAコープいなみで買い物客らにイモを配り、地域住民に食べ物の地産地消を呼びかけた。
 JAグループ和歌山の「よい食プロジェクト」の一環。「日本を、もっと食べよう」をスローガンに、いなみこども園の園児と一緒に育てたサツマイモと久保組合長の畑で採れたサトイモ合わせて約200袋を提供した。久保組合長ら役員と同園年長児が店舗前で笑顔で配布。レシピブックやチラシも配り、県産野菜や果物の地産地消をPRした。

関連記事

フォトニュース

  1. お巡りさんになりませんか

写真集

日高地方などのイベント情報

  1. フェスタ・ルーチェサテライト

    7月 28 @ 7:30 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る