みなべ 萬福寺の寺子屋好評

 みなべ町清川、萬福寺で石井清澄住職(72)が月1回開いている寺子屋が子どもたちの憩いの場となっている。「南無阿弥陀仏」の写経のほか、イモ掘りやクリスマスなど季節に合わせた楽しいイベントも実施。石井住職は「地域の子どもたちと道で会うと『和尚さん』と声をかけてくれる。それがとてもうれしい」と話している。
 石井住職は元小学校校長で、平成16年に清川小学校を最後に退職。「学校を離れても子どもたちとの関わりを持ち続けたい」という思いがあったという。以前から寺に子ども文庫「一休文庫」を開設していたが、利用してくれる子どもが少なく、「定期的に子どもたちが集まるような取り組みをする方がいいのでは」と考え、10年ほど前に寺子屋を開いた。
 毎月第2土曜日に本堂で開講し、地域の小学生らが10人程度集まっている。内容は、低学年が平仮名で「なむあみだぶつ」、高学年が漢字で「南無阿弥陀仏」と硬筆で写経。子どもたちは書き上げると「和尚さん、できました」と提出し、石井住職は「漢字で名前を書けるようになったのか」「ガールスカウトには行ってきた?」など、一人一人と優しく言葉を交わす。仕上げた枚数によって9級(5枚)からスーパー名人(200枚)まで21段階にランク付けし、子どもたちが楽しみながら取り組めるようにしている。写経が終わると、「ヨーヨー釣り」「水鉄砲づくり」「クリスマス会」などのイベントを用意。今月には近くの畑でイモ掘りが行われ、子どもたちがスコップを手に収穫を楽しんだ。11月には焼きイモを企画している。
 石井住職は「道で子どもたちに会うと、あいさつをしてくれる。子どもたちとの関わりが持ててうれしく思っている。今後も続けたい」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. 今年も飛び始めました

日高地方などのイベント情報

  1. ホタル観賞の夕べ

    5月 25 @ 7:00 PM - 9:00 PM
  2. かわべ天文公園青空フリマとロックフェス

    5月 26 @ 10:00 AM
  3. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る