紀州鉄道に気動車到着

 日本最短のローカル鉄道として親しまれている紀州鉄道に20日、滋賀県の信楽高原鉄道から無償譲渡を受けた気動車「SKR301号」が到着した。
 トレーラーに乗って19日夜に滋賀県を出発し、20日朝、御坊に到着した。現在運行しているレールバスより車体が4㍍長くなり、車内も対面座席が多くゆったりと座れるのが特徴。車体の側面には信楽焼きを象徴するタヌキのイラストとSKRの文字が残っているが、近く塗装することにしている。検査を受けて合格後、早ければ年内にも運行する。紀州鉄道統括管理駅長の大串昌広さん(50)は「乗り心地よくゆったり乗車できますので、ぜひご利用してください」とPR。SKR301号が新車当時からともに歩んできたという信楽高原鉄道業務課長の谷口勝利さん(50)も同行し、「御坊でも末永く愛され、親しまれる車両になってほしい」と目を細めていた。
 運行後はSKR301号が主力。紀州鉄道で現在走っている全国で唯一のレールバス「キテツ2号」は〝控え〟となり、運行する姿はこれまで以上に希少価値が高くなることから、鉄道マニアに一層親しまれそうだ。

関連記事

フォトニュース

  1. 今年も飛び始めました

日高地方などのイベント情報

  1. ホタル観賞の夕べ

    5月 25 @ 7:00 PM - 9:00 PM
  2. かわべ天文公園青空フリマとロックフェス

    5月 26 @ 10:00 AM
  3. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る