紀州鉄道に気動車到着

 日本最短のローカル鉄道として親しまれている紀州鉄道に20日、滋賀県の信楽高原鉄道から無償譲渡を受けた気動車「SKR301号」が到着した。
 トレーラーに乗って19日夜に滋賀県を出発し、20日朝、御坊に到着した。現在運行しているレールバスより車体が4㍍長くなり、車内も対面座席が多くゆったりと座れるのが特徴。車体の側面には信楽焼きを象徴するタヌキのイラストとSKRの文字が残っているが、近く塗装することにしている。検査を受けて合格後、早ければ年内にも運行する。紀州鉄道統括管理駅長の大串昌広さん(50)は「乗り心地よくゆったり乗車できますので、ぜひご利用してください」とPR。SKR301号が新車当時からともに歩んできたという信楽高原鉄道業務課長の谷口勝利さん(50)も同行し、「御坊でも末永く愛され、親しまれる車両になってほしい」と目を細めていた。
 運行後はSKR301号が主力。紀州鉄道で現在走っている全国で唯一のレールバス「キテツ2号」は〝控え〟となり、運行する姿はこれまで以上に希少価値が高くなることから、鉄道マニアに一層親しまれそうだ。

関連記事

フォトニュース

  1. これをこうやってから、これをこうやって…

写真集

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る