紀州鉄道に気動車到着

 日本最短のローカル鉄道として親しまれている紀州鉄道に20日、滋賀県の信楽高原鉄道から無償譲渡を受けた気動車「SKR301号」が到着した。
 トレーラーに乗って19日夜に滋賀県を出発し、20日朝、御坊に到着した。現在運行しているレールバスより車体が4㍍長くなり、車内も対面座席が多くゆったりと座れるのが特徴。車体の側面には信楽焼きを象徴するタヌキのイラストとSKRの文字が残っているが、近く塗装することにしている。検査を受けて合格後、早ければ年内にも運行する。紀州鉄道統括管理駅長の大串昌広さん(50)は「乗り心地よくゆったり乗車できますので、ぜひご利用してください」とPR。SKR301号が新車当時からともに歩んできたという信楽高原鉄道業務課長の谷口勝利さん(50)も同行し、「御坊でも末永く愛され、親しまれる車両になってほしい」と目を細めていた。
 運行後はSKR301号が主力。紀州鉄道で現在走っている全国で唯一のレールバス「キテツ2号」は〝控え〟となり、運行する姿はこれまで以上に希少価値が高くなることから、鉄道マニアに一層親しまれそうだ。

関連記事

フォトニュース

  1. 道成寺のしだれ桜も見頃に

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る