古代米豊作に笑顔

 日高川町川辺西小学校の5年生(34人)は16日、鐘巻地内の田んぼで古代米の稲刈りを行った。
 古代米とは、稲の原種である野生稲の特徴を受け継いでいる米で、今回は中でも黒い米が特徴の紫黒米。10年以上続く取り組みで、ことしも道成寺参道でレストラン「あんちん」を営む石倉忠明さんの協力を得て、6月に田植えを行っていた。
 稲は順調に育ち、黄金色に染まって大きくこうべを垂れた稲穂が田んぼいっぱいに出来た。児童たちは鎌を手に数束ずつ丁寧に刈っていき、たくさん実った米に満足そうな表情を見せていた。収穫した米は今後の調理実習で使用する。

関連記事

フォトニュース

  1. 春本番もすぐそこ

日高地方などのイベント情報

  1. 巨大アンモナイトをさがせ!!

    3月 24 @ 1:00 PM
  2. 日高町歴史講座

    3月 24 @ 1:30 PM

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る