書の甲子園 田端さんが秀作賞

 「書の甲子園」として知られ、国内外の高校生らが腕前を競う「第24回国際高校生選抜書展」(毎日新聞社、毎日書道会主催)で、日高高2年生の田端里加さんの作品「関戸本古今集」が見事秀作賞を受賞。来年2月7日に毎日新聞大阪支社内で表彰される。田端さんのほか日高1人、紀央館5人も入選した。
 今回は国内外19の国・地域から1万6832点の応募があり、国内部門(1万6572点)では、文部科学大臣賞2点、大賞10点、準大賞20点、優秀賞40点、秀作賞128点、入選1800点を選んだ。
 田端さんは名古屋の関戸家に伝来する古今和歌集「関戸本古今集」の一部を10枚の半紙に写した。原本を忠実に再現するため、少しずつ薄れていく墨の濃さなどに気を配った。公募期間の9月に向け夏休み中も何度も練習。1枚に40分から1時間かけ、10枚の大作を仕上げた。5歳から書道を始め、同書展の受賞は初めて。「とってもうれしいです」と笑顔を見せている。
 入選には「趙之謙 隷書張衡霊憲四屏」で東山紗也さん(日高2年)、同作品で宮本静香さん(紀央館3年)、「王鐸 行書幅」で樫木香乃さん(同2年)、「傅山 杜甫五言律詩」で西山真以さん(同)、「傅山 七言絶句」で南あれんさん(同)、「傅山 李渉七言絶句」で木村星来さん(同1年)が選ばれた。
 入選作品含む約2000点は、来年2月2日から7日まで大阪市天王寺区の市立美術館で展示される。

関連記事

フォトニュース

  1. お巡りさんになりませんか

写真集

日高地方などのイベント情報

  1. フェスタ・ルーチェサテライト

    7月 28 @ 7:30 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る