御坊市の水道料金 当面値上げの必要なし

 御坊市議会決算特別委員会(村上宗隆委員長)が8日に開かれ、26年度水道事業会計決算の審査で、水道事務所の前山開所長は当面は水道料金の値上げの必要はないとの考えを示した。
 26年度は、年間総給水量が313万3673立方㍍で前年度に比べて11万7714立方㍍減と、減少幅は過去最大となったものの、経費節減等に取り組み、純利益は8019万7181円の黒字となったことなどを説明。委員から総合評価の見解を問われた前山所長は「26年度は人口減少や気象条件、消費増税による節水でこれまでにない大幅な使用減となったが、8000万円以上の収益がある。人口の自然減は想定済みなので、当面は値上げする必要はないと考えている」とした。ただ、市内に総延長230㌔に及ぶ排水管網の管理や更新が課題とし、今後は長期的なビジョンを立てて取り組んでいくとした。

関連記事

フォトニュース

  1. 24日はぜひ来てくださ~い

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る