紀の国わかやま大会 県勢はメダル127個

 第15回全国障害者スポーツ大会「紀の国わかやま大会」は26日に全日程が終了し、県勢は56個の金メダルを含む127個のメダルを獲得。高円宮妃久子さま臨席の下、和歌山市の紀三井寺陸上競技場で閉会式が行われた。
 3日間にわたって熱戦を繰り広げた各都道府県や政令指定都市の選手団を前に、大会会長の仁坂吉伸知事は「皆さんの挑戦するひたむきな姿は、多くの人々に感動と勇気を与えてくれました」とあいさつ。久子さまが「笑顔と元気があふれる素晴らしい大会でした。これからも積極的にスポーツに親しみ充実した生活が送れることを願っています」と述べられたあと、炬火が納火された。

関連記事

フォトニュース

  1. 野球も女子が熱い!

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
求人ステーション
ページ上部へ戻る