田辺市合併10周年 大相撲梅の郷場所

 田辺市合併10周年記念イベント、大相撲田辺巡業「紀州梅の郷場所」が19日に田辺市上の山の田辺スポーツパーク体育館で開かれ、相撲ファン約3300人が日馬富士、鶴竜の両横綱や人気力士の遠藤らの取組を楽しんだ。幼児や小学生30人と力士が対戦する「子どもの稽古」もあり、会場からは大きな拍手が送られていた。
 同市での開催は48年ぶり。大相撲で活躍する108人の力士が訪れ、54組の取組が行われた。土俵ではまわし姿の力士が迫力いっぱいの大相撲を展開。人気力士の遠藤らが登場すると、ひときわ大きな拍手が上がり、「頑張れ」と声援が送られていた。日馬富士と鶴竜の土俵入りでは、しこを踏むたびに満員の客席から「ヨイショッ」という大きな掛け声が上がった。
 「子どもの稽古」では子どもたち30人が遠藤、大砂嵐、安美錦、豊の島、誉富士、勢の6力士に挑戦。遠藤を寄り切る子どももいて客席を沸かせた。幕内の取組前には梅干し50㌔の贈呈式もあり、真砂充敏市長は「相撲で勝った時には白星が付くといわれるが、干し上がった状態の梅干しを白干しといいます。梅産地と相撲がともに発展できればと思います」とあいさつした。観戦した同市中万呂の田中正一さん(69)は「子どものころから相撲が好きだった。テレビで見るよりも体が大きく感じる。遠藤と豪風の取組がよかった」、田辺市東山の家高秀夫さん(70)も「横綱の日馬富士のファン。間近で観戦するのは今回が初めてだが、迫力があってすごい。こういう機会がまたあればいいですね」と楽しんでいた。

関連記事

フォトニュース

  1. これをこうやってから、これをこうやって…

写真集

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る